キャリア教育

第4回 日本ものづくり大賞 経済産業大臣省 優秀賞受賞(青少年支援部門)

■キャリア教育

キャリア教育とは、「児童生徒一人一人のキャリア発達を支援し、それぞれにふさわしいキャリアを形成していくために必要な意欲・態度や能力を育てる教育」です。リージョナルデザインはキャリア教育の一環として「会社を創る芽を育てるプロジェクト」に取り組んでいます。

【ものづくり体験講座for中学生】

ものづくり体験講座(愛媛県東予地域で実践中)総合的な学習の時間を活用して、生徒一人ひとりの職業観の芽を育てる体験プログラムです。

【ビジネスキッズfor小学生】

ビジネス体験で実践的な社会体験をし、起業家精神(アントレプレナーシップ)を意識づけるプログラムです。

【ベンチャー留学】

日本で一番大切にしたい会社(=人を大切にする会社)から学ぶ企業と起業。

“企業と起業” 会社を創る人の芽を育てる。大学生(with高校生)が東京等でベンチャー企業を訪問し企業経営者等からそれぞれの生き方、会社経営、起業の考えを聞く(学ぶ)。四国の大学生の次のステップ(就職活動)に向けて、大学生の社会を見る目(=芽)を育てる。高校生は次のステップ 大学生と 混じり学ぶ大学生講座であるが高校生も背伸びし学ぶ。企業家と起業家に触れ、人生を考え将来地元に戻り次のステップに向うきっかけを与える。与えたきっかけに本気でぶつかる高校生を育てる。

「会社を創る芽を育てるプロジェクト」は、地域の様々な人たちが関わり「生きた教育」を提供することで、地域交流や地域連携、地域活性化といった相乗効果が生まれます。産業界においては、地域貢献における企業CSRや従業員の育成、商品開発などに役立てられています。